世界ランク速報 マジキチな小説教えろ

マジキチな小説教えろ

ドグラマグラ02042

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:39:45 ID:pvJsp56g0
殺戮にいたる病
共生虫
変身
悪魔の飽食
歌うクジラ
限りなく透明に近いブルー

は読んだ



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:40:38 ID:s7mBCOw20
トリストラム・シャンディ
フィネガンズ・ウェイク



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:00:04 ID:f/edizGj0
>>5で挙がってるジョイス『フィネガンズ・ウェイク』

川走、イブとアダム礼盃亭を過ぎ、く寝る岸辺から輪ん曲する湾へ、今も度失せぬ巡り路を媚行し、
巡り戻るは栄地四囲委蛇たるホウス城とその周円。
ミセス・モト=キレール=ハサミーは半値者らを金で抱き込み、
墓らずも着服困惑にある彼女の寡夫のために祈ってくれと頼んでいる。
おまえさんにあの女、相性ジグゾー、ノンストップの婚ぐり返りのお楽しみ」「覗きのプロテスタン徒に笛吹きせがれ、
石版と葺藁鞄かかえ、非の照るうちに干草わんさと罪あげて、フロリヤンの寓話遊び、園吸い曲線、淫水分解、平宝根遊びをともに学んだのは……
極上素数のイクドモ・イクゾー、そしてコロンダターフの武士つけな執事ボリス・オブライアンに穏便器用に貢を払い、
二悶と二煽に用足すことの(一)頂点、見ると狂いデーンがおのれの急所くを食らっていた。

こんなのが文庫本だと1000ページくらい続くよ!




6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:40:45 ID:SlplHeRV0
ドグラ・マグラ


読むと気が狂うっていう「ドグラ・マグラ」読んだけど意味が分からなかった 結局どういう話なの?
http://worldrankingup.blog41.fc2.com/blog-entry-1875.html



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:41:47 ID:4pKj32nzO
女学生 太宰治


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:42:04 ID:omuQ3Tzw0
歌う鯨はがち。


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:43:12 ID:pvJsp56g0
>>18
村上龍ってイカれてるんだなって思ったわ


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:42:12 ID:+mOYoXZE0
西村京太郎の狂気は狂ってた
前からボケかけてるとは思ったがついにここまできたかって感じ



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:42:31 ID:s7mBCOw20
隣の家の少女


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:43:19 ID:4btzvlww0
村上龍
コインロッカーベイビーズ
五分後の世界

中村文則

遮光

町田康
くっすん大黒
人間の屑



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:43:36 ID:cBSRZPKGO
グロテスク
登場人物に一人も善人がいない



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:43:57 ID:fxanuSlt0
ねじまき鳥クロニクル


35 : バキューム膣太郎 ◆VTuHZzN.iA :2012/10/12 23:44:11 ID:EN8jDgQOO
終わらない夏休み

http://scryed.jpn.org/mirror/sv/svtop.htm


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:44:56 ID:pJ0FvSrx0
三島由紀夫の金閣寺はヤバイぞ
主人公に感情移入出来るか出来ないかで感じ方は違ってくるが



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:47:16 ID:2M2IOlGH0
黒死館殺人事件

脳が拒否した



49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:47:18 ID:pvJsp56g0
人間失格も少女不十分も読んだんですがちょっともの足りませんでした


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:48:05 ID:YBrUShMbP
酔歩する男

読んだ後に吐き気がした(褒め言葉)



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:55:35 ID:JpVl4X1i0
>>55
もし自分が主人公の立場だったら…とゾッとしたな


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:48:13 ID:PGl4WRYz0
夢野久作
人間腸詰、キチガイ地獄、狂人は笑う



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:49:17 ID:ExaIO48O0
姉飼
ただ気持ち悪い 学校で読むもんじゃなかった…



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:50:45 ID:TZkzfQye0
>>62
これ


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:51:47 ID:pvJsp56g0
>>62
ぐぐったら表紙でびっくりしたわwwww

姉飼1203


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:49:33 ID:k+lCJPtx0
溝鼠


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:49:57 ID:pvJsp56g0
あと村上龍のイビサもやばいって聞いたんだけど読んだ奴いる?


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:51:46 ID:mLVQnCMH0
>>64
マジキチを求めてるなら、イビサよりフィジーの小人の方がおすすめ


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:50:05 ID:CADzq/UT0
大江健三郎の性的人間を挙げておく


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:52:33 ID:4btzvlww0
>>65
大江の初期は最高だな


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:50:27 ID:mLVQnCMH0
九十九十九 舞城王太郎


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:51:33 ID:H6UG9WWX0
ソドム百二十日

マジキチが獄中で書いた未完のマジキチ小説



78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:52:07 ID:SapUMjBH0
筒井康隆の虚人たち(小説の形式がマジキチ)
ドストエフスキーのカラマーゾフ(登場人物がマジキチ)
安部公房の水中都市(お父さんが妊娠して脱皮して魚になります)



91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:56:46 ID:/rr2+F9W0
安部公房の密会、他人の顔、箱男


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:57:39 ID:5lhjt15c0
村上龍の共生虫最後まで読んで無いんだけど結局どうなったの?

村上龍なら半島を出よエログロいから軽くキチガイじみてるかも



104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:59:00 ID:u928xzXO0
僕は模造人間
主人公が本物のキチガイ



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/12 23:59:25 ID:pJ0FvSrx0
アドバードっていう昔読んだ小説の内容が思い出せない
広告用に調教された猿が怯えながら宣伝の文句を話すところは覚えてんだが・・・



118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:01:38 ID:H+v85rR80
>>106
椎名 誠 だね
日本SF大賞受賞作



127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:04:42 ID:1mMq7F9O0
飴村行は出たか?
粘膜人間



130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:05:12 ID:f/edizGj0
ソローキン『ロマン』

前半の文章

「まだ朝の眠りから覚めやらぬ耳に、振りおろされる鎌の高い響きが聞こえてくると、ロマンの心臓は高鳴った。
ひんやりとした大気中に生まれ、川面に妙なるメロディーとしてたちこめるその音は、じつにじつに多くのことを約束していた
――すなわち早朝の曙光、鎌の刃の下にみずみずしい音をたてて倒れながら露を輝かせる草の葉、快い肩の疲れ、
百姓たちとの草原での昼食、森の中の天然の井戸までの散歩、
そして最後に、乾いてゆく草のなにものにも喩えようのないにおいといったものを。」

これが終盤になると

「ロマンは笑った。ロマンは擦った。ロマンは置いた。ロマンは触れた。ロマンはしゃぶった。ロマンは這った。
ロマンは止まった。ロマンは喚いた。ロマンは落とした。ロマンはどけた。ロマンはひっ掻いた。ロマンは震えた。
ロマンは置いた。ロマンは押さえつけた。ロマンは舐めた。ロマンは伸ばした。ロマンは嗅いだ。ロマンは殴った。」



129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:04:58 ID:MOVq8a750
乙一のあれ


133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:06:57 ID:z4usZBY20
>>129
自分の言った言葉をすべて実現できて地球を絶滅させた後自分に普段の生活を送っていると催眠かけるやつ?


http://www.aa.alles.or.jp/~nishiyama/kunou.html
これがすごかった


134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:07:08 ID:vgrlEFq30
ヤプーは大好きだわ
未だに俺のオカズ本



135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:07:12 ID:AmAYCtqF0
マジキチな小説ってどこらへんが面白いと感じるんだ?
マジキチが自分でマジキチである事を悩む話なら好きだが、終始もしくは終わりにマジキチなままの話は
どうにも好きになれない



141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:12:09 ID:gNnW91Y4O
『ライヴ・ガールズ』レイ・ガートン
『壊人』レックス・ミラー
『生ける屍』ジョイス・キャロル・オーツ
『バッドチューニング』飯野文彦
『川を覆う闇』桐生祐狩
『傀儡后』牧野修

全力でグロ



150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:15:04 ID:L3OYw2RxO
真っ先に殺戮に至る病が思いついた
あとは乙一の7ROOMだっけ?



154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:17:04 ID:oxZxU2XH0
>>150
殺戮にいたる病マジで面白かった
読み終わったあとしばらく放心状態だったわ



153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:15:47 ID:XMclH/txO
平山夢明の「独白するユニバーサル横メルカトル」はいいとおもいます


156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:17:39 ID:zQs3K29Q0
ラヴクラフトの闇に囁くものは100年前のホラーとは思えないキチ発想


158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:18:56 ID:ATwHahwuO
ラノベっちゃラノベだけど
佐藤友哉の「子供たち怒る怒る怒る」
胸糞悪い短編集



160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:20:42 ID:f/edizGj0
そうだ、グロい小説の好きな人はノーベル賞を受賞したばかりの莫言老師が書いた『白檀の刑』を読もう!
清朝を舞台にした処刑人が主人公の小説だよ
マジキチな処刑方が目をひくけど文学作品としても一級品だよ



161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:22:49 ID:VrX5QMgJ0
やっぱ黒い家


162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:23:11 ID:gNnW91Y4O
内容的に頭おかしいというとフィリップ・K・ディックの後期作
『ヴァリス』はなんか色々やばいものを感じる
折り目正しいショートショート書いてるイメージの星新一も後期は『つねならぬ話』みたいな妙なの書いてるし
やっぱり作家も年食うと色々あるんだろうな



163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:26:01 ID:8QCrdwKZ0
向日葵の咲かない夏はやばかったな



177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:38:10 ID:VhhdwqKP0
池沼と自殺寸前の人間の心理を緻密に描いた
フォークナーの「怒りと響き」

あとドストの悪霊の中の一章「スタヴローギンの告白」



178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:38:15 ID:1gOHC8T3O
佐藤ラギの人形(ギニョル)


181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:41:45 ID:gNnW91Y4O
べただけどゴーゴリも妙なの書いてるな
「鼻」の発想は異常



185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/13 00:52:19 ID:urF++NVh0
村上龍好きなら
イン・ザ・ミソスープ
昭和歌謡大全集





歌うクジラ 上
歌うクジラ 上
posted with amazlet at 12.12.03
村上 龍
講談社
売り上げランキング: 67972


[ 2012/12/03 ] 文化・芸術 | TB(0) | CM(13) | このエントリーをはてなブックマークに追加




[ 93548 ]
隣の家の少女!これはマジでヤバい
[ 2012/12/03 23:26 ] [ 編集 ]
[ 93549 ]
小林泰三は好きだったわ。
あと、マジキチって言ったら法の書。
[ 2012/12/03 23:31 ] [ 編集 ]
[ 93553 ]
歌うクジラってそうなのか
気になってたし読むか
[ 2012/12/04 00:55 ] [ 編集 ]
[ 93557 ]
「人間の脳髄はカスピ海から風に吹かれてやってくるのだ」
[ 2012/12/04 01:48 ] [ 編集 ]
[ 93559 ]
「酔歩する男」は狂っているというか狂っていなさ過ぎて狂っているというか…

「真の狂気とは、理性を失っている状態の事ではなく、理性以外を失っている状態の事」という事場がピッタリな内容だったな。
意味不明な表現や描写は無い。しっかり意味が理解できる。理屈も納得できる。だからこそ論理的に常識が破壊されるのが怖ろしい。
[ 2012/12/04 02:01 ] [ 編集 ]
[ 93562 ]
大藪春彦の「餓狼の弾痕」
著者が完全にイッちゃってるね
[ 2012/12/04 02:39 ] [ 編集 ]
[ 93590 ]
乙一は、まだマジキチに慣れてない人にオススメだよね
ただし、神の言葉と暗黒童話はダメ
普通に夏と花火とわたしの死体から入るのがいい
[ 2012/12/04 08:45 ] [ 編集 ]
[ 93602 ]
ヤプー楽しいぞ
足の指が5本ある女はダメ、ってのは
理解できないというか、ついてけなかったw

著者の代理人と称する人の本も面白い。
[ 2012/12/04 10:51 ] [ 編集 ]
[ 93608 ]
ネット小説のおわらない夏休み?だっけ
アレがひどい

いじめっこがただ単にいじめられっこを
虐待死させるだけの話
[ 2012/12/04 13:12 ] [ 編集 ]
[ 93624 ]
カフカの「審判」はかなりキてた。
それと筒井康隆の「最高級有機質肥料(合ってる?)」は最悪な意味でマジキチだった。
[ 2012/12/04 16:15 ] [ 編集 ]
[ 93627 ]
消された一家ってのは俺の中で最高ランク。
[ 2012/12/04 16:26 ] [ 編集 ]
[ 93767 ]
姉飼いの作者ってワンパターンだよな。一つ読めばもういいやってのの典型。赤眼の三津田?とかも同じ。
ドグラマグラはある種のループものか。仕掛けが分かったとき感動した。
カフカはいろいろと意味がわからなすぎて……、でも読んじゃうくやしい。
[ 2012/12/05 13:58 ] [ 編集 ]
[ 93773 ]
平山夢明の短編集「他人事」はマジキチだと思う。
[ 2012/12/05 15:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 ※httpを禁止ワードにしています












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL